冗談ばかり言う 男性心理

冗談ばかり言う男性心理とは?

スポンサーリンク

好きな彼が、自分に対して冗談ばかり言ってくること、ありませんか?
「頭にごみがついてるよ?…うそ、冗談!」
といった軽いノリのものならいいものの、
「その服にあわないね」など自分をけなされると受け入れがたく
感じてしまうこともあると思います。

 

こちらが不機嫌な様子を見せると、慌てて「冗談だよ、真に受けるなよ!」
とフォローされることもありますよね。

 

好きな人をいじめたいのが男性心理

 

男性は、好きな子に対して冗談を言ってしまう生き物です。
たとえば小さいころのことを思い出してみてください。
クラスで一番人気の可愛い女子が、
特定の男子からやたらといじめられていたことはありませんか?

 

大体、女子が泣いてしまって動揺した男子が「それくらいで泣くなよ!」
なんて大声でいって終わりますね。

 

これは、好きだから自分のことを意識してほしい。
でも方法がわからないから、
冗談を言って気を引こうとする心理からくる行動なのです。

 

大人になるにつれて男性と女性の間に異性の差を感じるようになり、
相手に対して加減ができるようになります。
しかし、根本的なところは変わらないので、
加減をしつつも気になる女性に冗談を言って気を引こうとするんですね。

 

女性からするともっと違ったところで気を引いてほしいものですが、
男性からすると冗談を言ってからかうのが一番やりやすい手段なわけです。

 

ついでに冗談を言われて焦っている女性の反応が可愛いと思っていて、
女性が本当に嫌がっていても気が付かないというケースも多いのです。

スポンサーリンク

冗談ばかり言ってくる状況で、意味も変わります

 

特に、一対一の場所で冗談ばかり言う場合は、
貴女と親密な関係になりたいと思っている可能性が高いです。

 

他に比較される男性がいないわけですから、
冗談を言って気を引く必要はありませんよね。
それでも冗談をいうのは、冗談を言い合えるほど親しくなりたい、
自分を受け入れてほしいという気持ちの表れです。

 

女性からすると面倒だと感じてしまうこともあるでしょうが、
裏には貴女への好意があることを理解してあげてください。

 

よほど嫌な時は、はっきりと態度に出すことも大切です。
これから親密な関係になりたいのであればなおさら、
初めのうちにいやだと告げておかないと
交際に発展した後エスカレートすることもありますよ。
どんなに好きな相手でも、そこは態度ではっきりと表しておきましょうね。

 

稀に、意図的な悪意で冗談を言ってくる人もいます。
この場合はたいてい1対1ではなく、
集団でいるときに冗談を言ってくると思いますが、
このタイプの男性には要注意です。

 

自分はこの集団の中で上の立場だと主張したくて、
そのために都合のいい誰かを冗談の対象にしからかっているだけです。

 

このタイプの男性は、
集団の前で自分の非をとがめられることを極端に嫌がりますので
いわれた直後に冗談が嫌だったということをはっきりと態度に示しましょう。

 

周囲の人間も、悪意のある冗談は聞いていて楽しいものではありませんので
貴女に同調してくれるはずですよ。

 

悪意ある冗談をいうタイプにはその状況が一番こたえますので、
嫌だけどじっと我慢するのではなくはっきりと態度に表すようにしてくださいね。

スポンサーリンク


この記事を読んでお役に立ちましたでしょうか?

もし、少しでもお役に立ったのであれば
以下のSNSのボタンをクリックして拡散してくれたら大変有り難いです。
どうぞ、ご協力をお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加