男性心理 連絡頻度

男性心理での連絡頻度とは?

スポンサーリンク

普段は連絡無精でも、本命女性にだけはマメに連絡をするという男性は多いです。
コミュニケーションツールの好きな女性にとって、
連絡の頻度は男性の愛情を量るひとつの指針となっています。

 

特にお付き合いする前や、交際初期などの相手がまだよく理解できていない時期は、
連絡が来ないだけでひどく不安になりますよね。
反対に、こんなに連絡をくれるんだから大丈夫だろう、
と思い込んだりもしがちです。

 

しかし、この連絡の頻度だけを目安にしていると、
男性心理の読み違いをしてしまうケースもあるようです。

 

連絡がマメに来ていたのは、誠実な愛情以外の理由だった

 

単に、話し相手が欲しいから、誰でもいいから女の子に構ってほしかった
という理由や、機嫌を取りたかっただけの場合もあるようです。
または、自分の悪事を隠すために、
彼女の予定を細かく把握しておきたかったから、という事もあります。

 

いずれにせよ、連絡がこんなに来るんだから、私は誠実に愛されているはず、
なんて連絡の頻度「だけ」で思いこむのは危険です。
思わぬ誤算や落とし穴が待ち受けていて痛い目に遭うかもしれません。
男性の気持ちを知りたいときは、言葉よりも行動を見るようにしましょう。

スポンサーリンク

連絡という少ない労力だけで、
こちらの関心を惹こうとしていると気づいたら要注意です。

 

連絡は少ない彼なのにとても誠実だった

 

先ほどとは反対に、あんなに連絡無精だったのに
誠実に大切に想われていた、ということもあります。
とても連絡無精な性格の彼が、自分が入院したときに
毎日黙ってお見舞いに来てくれた、という例があります。

 

まめな連絡よりも、ちゃんと時間をかけて足を運んでくれる男性を
選んだほうがいいという教訓にしましょう。
さらに、結婚してしまえば、連絡無精なことはそれほど気にならなくなるそうです。

 

お互いの気持ちが不安定で不確かな時期は、
つい連絡を気持ちのバロメーターにしてしまいがちです。
しかし、その他の態度や行動も含め、しっかり総合的に判断しないと
思い違いをしてしまうこともあります。

 

最終的には、連絡なんて頻繁に取らなくても、心が繋がっているから大丈夫
と、安心して想い合える関係になることが大切です。
男性の誠意や愛情表現は人それぞれです。
連絡の頻度だけで愛情を推し量って失敗しないよう、注意したいものですね。

スポンサーリンク


この記事を読んでお役に立ちましたでしょうか?

もし、少しでもお役に立ったのであれば
以下のSNSのボタンをクリックして拡散してくれたら大変有り難いです。
どうぞ、ご協力をお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加