男性心理 名前を呼ぶ

男性心理で名前を呼ぶ意味とは?

スポンサーリンク

相手の呼び方からわかることは、
その人との親しさがどれくらいのものか、ということですよね。
初対面で、まだお互いが慣れていないうちは苗字で呼び合うことが多いはずです。

 

しかし、今まで苗字で呼ばれていたのに、
急に男性から名前で呼ばれると、多くの女性はときめきます。
では、苗字から名前で呼ぶようになった変化には、
男性のどんな想いが隠されているのでしょうか?

 

今回は、女性を下の名前で呼ぶようになったときなどの男性心理をご紹介します。

 

貴女をちゃん付けで呼ぶ男性心理とは?

 

一般的に名前を呼ぶときは、さんをつけて呼んでいることが多いです。
ですが、男性が特定の女性をちゃん付け呼ぶことがありますよね。
これが上司など年上の男性である場合、単に女の子だからちゃんづけで呼ぶという
いかにも男性主義な理由があります。

 

同僚の男性がちゃんづけする場合も単純な理由で、
上司につられて言っているだけの場合が多いです。
実はこのとき男性心理では、それをきっかけに気になっている
貴女に近づいてみようか、という想いも働いています。

 

下の名前で呼んでくるのは好意があるサイン

スポンサーリンク

男性は嫌いな女性を下の名前で呼ぶことに拒否感を示します。
反対に、意中の女性は身近に感じていたいため、下の名前で呼びます。
貴女が彼に下の名前で呼ばれるということは、貴女に対して良い印象があり、
好意を持っているということになりますね。

 

下の名前だけで呼ぶと、不思議と男女間の心理的な距離が縮まる効果があるのです。
ですから、お互いを下の名前で呼び合うことで、
ふたりの親密度は自然と高まっていくのです。  

 

貴女を呼び捨てにするときの男性心理とは?

 

では、名前を呼び捨てにするパターンはどうでしょうか?
これも好意の表れなのでしょうか?
男性心理では、呼び捨ては好意の表れ以外の理由があります。
自分の方が強いとアピールしているのです。

 

特に自己顕示力がとても強い男性は、
女性に対しては誰でも呼び捨てにしていたりします。
男性心理としては、名前の呼び方に変化を付けて、
もっと貴女近づきたいと考えているわけです。

 

もちろん、彼の深い心理の中では貴女への好意があります。
自分に対する彼の呼び方、普段から注意して見てみましょうね。

スポンサーリンク


この記事を読んでお役に立ちましたでしょうか?

もし、少しでもお役に立ったのであれば
以下のSNSのボタンをクリックして拡散してくれたら大変有り難いです。
どうぞ、ご協力をお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加