男性 声が低くなる 心理

男性が声が低くなる心理とは?

スポンサーリンク

人は恋をすると、相手を思うあまりに高揚をおさえられなくなり、
自然と声が高くなると言われています。
男性は意識する女性の前で、声が高くなる場合もあれば、
低い声になることもあります。

 

このように、好きな人の前ではどちらもありうることで、
声のトーンだけで彼の気持ちを判断することは困難です。
しかし、いつもと大きく違い、極端な差が声にある時には
明らかにその人を意識していることは間違いありません。

 

日常的な行動と、好きな人の前でとる行動とをあわせて見比べれば
声のトーンで彼の男性心理を覗けるのです。

 

一般的に声のトーンが低く強くなる場合

 

通常男性は、プライドを傷つけられたり、恥をかかせられたりしたときに
声のトーンは低く強くなります。
冷静さを装っていても、怒りを感じているのです。
その後怒りが極限に達すると興奮状態となり、声のトーンが急に高くなります。

 

また、声に落ち着きがありながらトーンが少し低くなる場合は、
精神状態が安定している状態です。
何事も冷静に判断できる状態で、自制心も強いです。
ふだんからこういう話し方をする男性は、理性的で頭のいい人が多いです。

スポンサーリンク

声にあらわれる特徴とは?

 

男性は、気を引きたい意中の女性と話をするとき、
そうではない女性と話をするときにくらべて明らかに声が低くなります。

 

声が低いのは会話の始めだけで、話を続けていくうちに
男性の声は、少しずつ高くなっていくことがわかっています。
つまり、最初は低い声で話していたが、次第に声が高くなる男性は、
貴女に好意をもっているということになります。

 

声に特徴があらわれるのは何故か。

 

男性は、声の低さによって男らしさをアピールしようと無意識に考えるようです。
しかし、相手の女性の反応があまりよくなく
怖そうな印象を与えているかもと感じ、徐々に声を高くするのです。

 

別の視点で考えてみると、人は関心がある対象には
声が高くなるという傾向があります。
小さな子どもや動物などに声をかけるときは、自然と声が高くなってますよね。

 

男性は意識的にかっこつけて声を低くして近づいてきますが、
結果として好きな相手なので声が高くなるとも言えます。
もし貴女の周りに気になる男性がいたら、
そっと彼の声の変化に耳を傾けてみてくださいね。

スポンサーリンク


この記事を読んでお役に立ちましたでしょうか?

もし、少しでもお役に立ったのであれば
以下のSNSのボタンをクリックして拡散してくれたら大変有り難いです。
どうぞ、ご協力をお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加