結婚指輪 男性 心理

結婚指輪をする男性心理とは?

スポンサーリンク

結婚指輪を肌身離さず、いつでも指につけている人は、
男性でも女性でも案外多くいます。
結婚指輪をつけている事を、あまり意識していないかもしれませんが、
潜在意識としてはどうなのでしょう。

 

指輪をいつもつけている男性心理をのぞいてみましょう。

 

結婚相手に対するアピール

 

結婚指輪をしていることで、
いつも貴女の傍にいて、見守っている、愛しているという事を伝えているのです。
どんなときも、熱い想いがあり、
ふたりの愛情を強く結び付けておこうと考えているのです。

 

逆にいえば、自信が無くややお互いの愛情に不安を抱いていると
考えられなくもありません。

 

社会に対するアピール

 

自分はもう結婚しています、私に恋愛感情をもって近づこうとしても無駄ですよ、
と無言で主張しています。
ですから、結婚指輪をしているということで、
自分は浮気をする気持ちはないという浮気防止にもなります。

 

さらに言うと、結婚相手の女性に対しても、浮気は許さない
というメッセージでもあります。
他の女性に対しても、言い寄ってくることを制約している役目もあるのです。

スポンサーリンク

深い意味は無く、つけるのが普通と思っている

 

結婚指輪には、自分にも相手の女性にも縛りをかける意思表示である
とお伝えしてきました。

 

しかし一般的多数は、結婚指輪をつけるという事を
いわゆる伝統として守っていることが多いです。
几帳面、生真面目で、社会常識の枠からはみ出ることができず
融通が利きかない性格をしている、面白味のない人間です。

 

なかには結婚指輪を持っていても、飾り程度にしか考えず
したりしなかったりする男性もいるのです。
自由奔放な考え方のできる男性であり、小さなことにはこだわらず、
相手の女性のことを信頼する度量を持った人間です。

 

結婚指輪は夫婦にとって特別なアイテムです。
どんな夫婦も大切にしているはずです。

 

ですが、結婚指輪をつけているかどうかは
そのカップルの生活スタイルや仕事、ファッションのこだわりなどもあるので、
最も重要なことではありません。

 

結婚指輪をしている男性をみたら、あ、既婚者なんだな
とゆう、目安ぐらいの気持ちで見て下さい。

スポンサーリンク


この記事を読んでお役に立ちましたでしょうか?

もし、少しでもお役に立ったのであれば
以下のSNSのボタンをクリックして拡散してくれたら大変有り難いです。
どうぞ、ご協力をお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加