ご飯 誘う 男性心理

ご飯に誘う男性心理とは?

スポンサーリンク

あなたが男性に「食事に行こうよ!」と誘われたとします。
さて、これってデートなのでしょうか?ただの食事会なのでしょうか?
男性から食事に誘われたことがある女性なら、
こういう風に悩んだ方も多いと思います。

 

誘った本人に聞ければ話は早いですが、
「いや、違うけど?」なんて言われれば恥ずかしいですし、
なんだか聞きづらいですよね。
そこで今回は男性が女性を食事に誘うときの心理についてまとめてみました。

 

嫌いな人とは食事なんて出来ない

 

当たり前のことですが、
誰だって嫌いな人をわざわざ食事に誘うなんてしませんよね。
仮にあったとしても、すごく文句を言いたいとか嫌いな気持ちを克服したいとか、
そういったところでしょうか。

 

基本的に食事に誘われたということは、
あなたのことを好意的に思っているということです。
好意的と一言で言ってもいくつか種類がありますから、少し例を挙げてみます。

 

恋愛感情として

 

あなたのことを本気で好き、または気になっている、
もっと仲良くなりたい・知りたいと思っている場合です。
男性にとってデートに行こう!と誘うよりも、
ご飯に行こう!と誘う方が気軽なのです。

スポンサーリンク

そうやって食事に行くという口実でアプローチしている可能性があります。
その場合、割り勘を嫌がったり、毎回違う店に連れて行ったりと
下調べを行っていることが多いです。
それは、かっこいいところをアピールしたいからです。

 

男性らしいシンプルな理由ですね。
もし、好きではない人から食事に誘われた場合、
誤解させてしまう可能性もありますからきちんとお断りすることも大切です。

 

友達として

 

あなたのことを気軽に食事に誘える友達と思っている場合です。
相談事をしたり、近況報告をしたり、といったことが多いでしょう。
楽しく食事をして解散、ということもあります。

 

昔からの友達、気が置けない男友達といったときは
さほど気にする必要もありませんし、もし断ったとしても
しつこく誘ってくることも少ないと思います。

 

下心だけの男性にはご用心

 

下心を一切持たない男性、というのはほとんどいないでしょう。
ですが、中には下心だけで食事に誘ってくる男性もいます。

 

食事中にその手の話を話題にしてきたら注意しましょう。
そしてもし、あなたにその気がないのなら食事が終わったら解散し、
その気がないことをアピールしましょう。

スポンサーリンク


この記事を読んでお役に立ちましたでしょうか?

もし、少しでもお役に立ったのであれば
以下のSNSのボタンをクリックして拡散してくれたら大変有り難いです。
どうぞ、ご協力をお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加