電話出ない 男性心理

電話に出ない男性心理とは?

スポンサーリンク

男性の行動や言動はほとんどが裏表がなく、単純だとよく言われます。
そんな男性からの、好意の見分け方として、
電話からその本気度が読み取れることがあります。

 

男性にとって、電話をかけるという行為は、よっぽど重要な話しなのか、
親しい関係でない限りありません。
つまり、男性は、特別な意中の相手にしか電話というものをしないということです。

 

急ぎの話しでなくても、そこまで親しくなっていなくても、
本気で好きな女性とは電話をしてみたくなるのです。

 

では今回はそんな男性の、電話に出ない心理をみてみましょう。

 

仕事などで疲れているから電話に出ない

 

男性は、仕事や勉強、その他色々な理由で疲れてしまっている場合があります。
電話に出ない男性心理というほどでもないのですが、
貴女が悪いわけでもないですよね。

 

たんに、疲れていて元気がないから、電話に出るのが面倒というだけです。
こんな時は、無理に接するより、ちょっと放っておくほうがよいでしょう。
心配されたりするのを嫌う男性もいますから、
余計なおせっかいをしすぎないよう気をつけましょう。

 

重要であればまたかけてくると思っているから

スポンサーリンク

男性は女性と違い、用件のない電話を好む人が少ないです。
その証拠に、男同士で用件のない電話をしている姿は想像できないですよね?
ですから貴女からの電話も、本当に重要ならまた電話かけ直してくるだろうと思い、
あえてスルーしているのです。

 

電話をかけた貴女からすれば、それは寂しい気分になりますが、
男性はさほど気にしていません。
ですから彼が電話にでない場合も、そこまで気に病む必要はないんです。

 

貴女にあまり情報を与えないために電話に出ない

 

電話に出ない男性心理として、恋人同士という場合はかなりグレーゾーンです。
女性は勘の鋭いですから、彼の電話の様子がいつもと少しでも違えば、
ピンとくることが多いのです。

 

浮気中の男性は、そのことを本能で知っているから電話に出ないのです。
電話に出れば彼女に疑われる可能性が高まってしまいますし、
なるべく情報を与えないほうが賢明なのです。

 

このように、仕事中や忙しいなどの理由や、
女性からの過干渉といった特殊なケースを除いて、電話に出ない恋人は怪しいです。
単純にに電話嫌いな男性という可能性もありますが、
用があるときには彼から電話してくるようならば、ただの電話嫌いではありません。

スポンサーリンク


この記事を読んでお役に立ちましたでしょうか?

もし、少しでもお役に立ったのであれば
以下のSNSのボタンをクリックして拡散してくれたら大変有り難いです。
どうぞ、ご協力をお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加