60歳 男性 心理

60歳の男性心理

スポンサーリンク

あなたの周りの60代男性は、どのような方ですか?
孫と元気に遊ぶ男性や、いかにもおじいちゃんという男性が多いでしょうか。
中には外見に気を使い、渋くて仕事もできる、
かっこいい男性もいるのではないでしょうか?

 

もしそんな男性がいて、
しかも独身となれば60代男性とは言え気になる存在になり得ますよね。
しかし60代男性の恋愛事情なんて未知の世界…。
そこで今回は、60代の男性にスポットを当ててまとめてみました。

 

いつまでも変わらない

 

男性はいつまで経っても中身は男です。
つまり女性を女性として見ているということです。
きれいな女性を見れば、ドキドキしますしかっこいいところをみせようともします。
仕事にせよプライベートにせよ、女性のいるお店に60代男性が多いのも頷けます。

 

プライドが高い人も多い

 

60代ともなれば、仕事やいろんな面で苦労をしてきた人も多いと思います。
ここまで頑張ってきた、との思いがいい意味でプライドを持たせています。

スポンサーリンク

ですから、「いろんなことを知っていてすごい」とか
「こんなこともできるなんて尊敬する」などの言葉に弱いこともしばしばあります。

 

逆に「最近の考えは…」とか「それはもう古い」
なんて言葉は相手のプライドを傷つけますから、絶対に言わないのが得策です。

 

恋愛対象になれる可能性はあるのか?

 

いつまでも女性を女性として見ていることは分かりましたが、
恋愛対象として見てもらえるかどうか気になる方も多いと思います。
それは男性の事情に左右されることがあります。
はっきりいうと男性に結婚経験がないなら問題なしです。

 

しかし過去に結婚していたことがあり、
特に子供がいる場合は恋愛対象として見てもらうことは難しいと言えます。

 

そして子供が息子より娘の場合に特に影響します。
それは、あなたがお父さんと同じ年代の人を
恋愛対象として見るのが難しいのと同じです。

 

もし60代男性に惹かれているのであれば、
男性の過去について知っておく必要もありますね。

スポンサーリンク


この記事を読んでお役に立ちましたでしょうか?

もし、少しでもお役に立ったのであれば
以下のSNSのボタンをクリックして拡散してくれたら大変有り難いです。
どうぞ、ご協力をお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加