40代 バツイチ 男性 心理

40代バツイチの男性心理とは?

スポンサーリンク

現在、日本人夫婦の4組のうち1組は離婚している、というほど離婚率は高いです。
一度結婚を失敗している40代のバツイチ男性は、
次の結婚に対してやはり慎重になってしまうのが心理です。

 

男性も女性も、ある程度年齢を重ねると、それだけ経験を積んでいますから、
恋愛も若い頃と同じというわけにはいきません。
今回は、そんな男性に恋をした貴女のために
「40代バツイチの男性心理」についてみていきたいと思います。

 

恋愛や結婚に対して慎重に、臆病になる

 

今後一生一緒に歩んでいくパートナー選びですから、
バツイチ男性が必要以上に慎重になるのは当たり前です。

 

もしも子供がいた場合、相手の女性と子供との相性も考えなくてはいけません。
誰だって同じ失敗を繰り返したくはないものです。
さらに、男性は年齢を重ねると、恋愛に対して臆病になることが多いです。

 

そのため、相手の女性から結婚を求めてられている場合でも、
過去と自分と照らし合わせて、慎重になってしまうのです。

 

一生ひとりでいることを選択する

 

一度離婚を経験した40代の男性は、
もう結婚は懲り懲りだな、という心理が働いてきます。

スポンサーリンク

そのため、今後一生ひとりでいることを選択する人も少なくはないのです。
ひとりでいることの最大のメリットはやはり自由なところです。
好きなときに遊び、好きなものだけを食べ、好きなだけ眠る。
こんな自由を捨てられないのです。

 

ふたりの関係は、結婚だけが全てでは無いと考えるようになる

 

一度つらい別れを経験した男性は、
結婚に対してネガティブなイメージを持つとお話しましたよね。
男女ともに別れを経験しているもの同士の場合、結婚という形に縛られず、
のんびり交際しているカップルも多いのです。

 

若い頃よりも、もっとラフに恋愛を楽しみたい
と考えている男性が多いということですね。

 

40代でバツイチになると、
なかなか次のステップへ進めないというのが心理ですが、
どちらの幸せを取るかは貴女達次第です。

 

既婚者のメリットは、やはりパートナーがいることの心強さです。
失敗した時に慰めてくれる人がいる、
楽しい時に一緒に笑いあえるパートナーがいるということは、
平凡なようですが、とても幸せなことですから。

スポンサーリンク


この記事を読んでお役に立ちましたでしょうか?

もし、少しでもお役に立ったのであれば
以下のSNSのボタンをクリックして拡散してくれたら大変有り難いです。
どうぞ、ご協力をお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加